男中心の業界でも、「女に頼れる会社」が勝つ

営業は「狩猟型」から「農耕型」への転換期に

もちろん職場では、男性も女性も、互いを補完し合いながら活躍していくことが重要。顧客に対する公平感と同様に、あくまで男女間も対等に、そしてどちらかに偏らない舵取りが欠かせません。

女性活用は「手段の一つ」に過ぎない

松沼社長は、強い意志を込めてこう話します。

「いい採用をしても、辞めてしまうと企業の損失になる。いかに『辞めない会社』にするかが大切。そのためには、『自分の会社や仕事に誇りを持てる会社』にすることです。『青森で安定している会社だから』『なんとなく親の勧めで入社したから』『潰れない会社だから』という理由で入社してきても、ロイヤリティは醸成されません。

働く意義を強く抱けるようにすること。そのためには、『青森ダイハツ』というブランドを自分たちで築き上げるしか術がなかったのです。CS(Customer Satisfaction=顧客満足)は大事ですが、それ以上に大事なのはES(Employee Satisfaction=社員満足)。全社員を満足させるのは難しいですが、それでも当社に入ることで『働く意義』をつかんでほしいと思っています。

このブランドのためには、皆の意識を合わせ、一人ひとりが自分の手で創り上げなくてはならない。何か改革を始めようとするときは、女性活躍という一つの手段ではなく、すべてを総動員していく必要があるのです」

高い離職率に頭を抱え、「女性営業なんて定着しない」という固定観念が強く残る業界で、同社に在籍する女性営業は、この10年間、たったの2人しか退職していないといいます。

次回は、どのように「青森ダイハツブランド」を確立させ、「社員が辞めない会社」「社員が働く意義を持てる会社」に変わっていったのか、その具体的な施策についてご紹介します。

(構成:坪田塁)

※ 後編は3月4日(金)の掲載予定です。お楽しみに!

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍を拡げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。
講演・セミナーのお問い合わせはこちら → kouen@yoshidamsaki.com

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT