ペンタックス、デジカメ事業再建の「本気度」、超高スペック機種を13万円で投入!


 今回の「K−7」の投入は「浜田新体制の成果とみてもらっていい」(井植敏彰・イメージング・システム事業部長)。「日々刻々と技術革新が進むデジタル製品の開発のなかで、従来は『どのタイミングで製品化に踏み切るか』の見極めが下手だった。商品企画から製品化までに時間がかかりすぎていたこともあり、製品化したときにはすでに古くなり始めていることもしばしばだった。今回は製品化のタイミングの見極めや開発期間の短縮化などがうまくいき、ベストのものを出すことができた」(井植事業部長)。

HOYAは前期末までにペンタックス益子事業所(栃木県)を閉鎖(カメラ事業以外は存続)し、一眼レフ中高級品生産をフィリピン・セブ島に移管。加えて、売れ残り在庫を作らないような生産、販売管理を行うことにより、充実のスペックでも利益は確保する計画だ。
 
 同機はハイアマチュア向けでターゲットが絞られているため、このカメラによるシェア挽回に大きな期待を寄せることはできない。だが、2強のキヤノン、ニコンでも出せないような傑作カメラの投入は、古豪ペンタックスの意地を見せたといってよい。「今後の製品投入計画については非開示」(商品企画グループ)だが、「浜田新体制」の第2弾にもファンの期待は高まっている。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
知られざる自動車部品サバイバル<br>ドイツ3強vs.トヨタグループ

世界の自動車部品業界をリードする日独のメガサプライヤー。ZF、ボッシュ、コンチネンタルと、トヨタグループ最大手のデンソーを集中的に取材。CASE(つながる化、自動運転、シェアリング、電動化)の荒波を越え勝ち抜くのはどこか。

  • 新刊
  • ランキング