ペンタックス、デジカメ事業再建の「本気度」、超高スペック機種を13万円で投入!


 今回の「K−7」の投入は「浜田新体制の成果とみてもらっていい」(井植敏彰・イメージング・システム事業部長)。「日々刻々と技術革新が進むデジタル製品の開発のなかで、従来は『どのタイミングで製品化に踏み切るか』の見極めが下手だった。商品企画から製品化までに時間がかかりすぎていたこともあり、製品化したときにはすでに古くなり始めていることもしばしばだった。今回は製品化のタイミングの見極めや開発期間の短縮化などがうまくいき、ベストのものを出すことができた」(井植事業部長)。

HOYAは前期末までにペンタックス益子事業所(栃木県)を閉鎖(カメラ事業以外は存続)し、一眼レフ中高級品生産をフィリピン・セブ島に移管。加えて、売れ残り在庫を作らないような生産、販売管理を行うことにより、充実のスペックでも利益は確保する計画だ。
 
 同機はハイアマチュア向けでターゲットが絞られているため、このカメラによるシェア挽回に大きな期待を寄せることはできない。だが、2強のキヤノン、ニコンでも出せないような傑作カメラの投入は、古豪ペンタックスの意地を見せたといってよい。「今後の製品投入計画については非開示」(商品企画グループ)だが、「浜田新体制」の第2弾にもファンの期待は高まっている。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT