国会議員の不倫が重要ニュースに昇格した!

フジが越えた「ゲスなニュース」の一線

振り返ればフジテレビが宮崎議員の“不倫疑惑”について第一報を伝えた2月9日は、高市早苗総務大臣が記者会見で「放送局が政治的公平性を欠く放送法違反を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性がある」ことを改めて表明していた。

これは各社が伝えていたが、実は「表現の自由」に関連して、どの放送局もそのあり方が問われる重大問題のはずだ。この日のフジの昼ニュース「FNNスピーク」では不倫疑惑を伝えた後で、CMをはさんでこの電波停止についての総務大臣発言を扱っていた。“不倫疑惑”は電波停止発言よりも大事なのかという違和感を覚えた。

週刊文春記者の爪の垢を煎じて飲むべき

フジテレビ報道局がテレビ各社が持つ「報道の常識」を破って、ニュース枠で政治家の「不倫疑惑」を、しかも事実関係に関する決定的な情報を週刊誌に頼る形で、報道したことは前例がないことだった。その意味では「なんでもあり」という形でパンドラの箱を開けてしまった。

いい悪いという是非はともかく、フジが「一線」を越えた意味はけっして小さくはない。これは何を意味するのか。

テレビと新聞とはともに既存メディアの業界団体といえる日本新聞協会に所属し、マスコミの雄としてプライドを持つ一方で、内心では週刊誌を下に見る傾向にあったと思う。しかし、今回のフジテレビの「週刊誌引用報道」は路線変更し、同じ土俵で勝負する、という姿勢に転じたとも解釈できる。週刊誌記事を引用するに値するメディアとして認めた、ということもできるだろう。

「一線」を越えたからにはテレビ局の報道記者たちは週刊誌が先に報じたスキャンダルでも、議員の男女不倫でも躊躇せずに追っていく、ということになるのかもしれない。甘利明・前経済再生、TPP担当大臣の「政治とカネ」をめぐる調査報道も、週刊文春に完敗し、テレビ各社はその記事を引用するしかなかったのだから。

いや、現実には、同じ土俵どころか風下に甘んじている。甘利前大臣のケースも、産休議員のケースも、テレビ各社の記者の多くが「会見を待っている」ばかりで自分たちではほとんど検証取材をしていなかった印象なのがとても気になる。「そのうち記者会見で事実が出てくるだろう」と、最初から「後追い報道」さえも放棄している印象を受ける。言うまでもなく、貪欲にやらない限り、スクープは得られない。テレビ各社は少しでも週刊文春の爪の垢を煎じて飲むべきだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT