ホンダが「フィット」など約44万台をリコール

タカタ製エアバッグ問題で

 2月5日、ホンダは、タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題で、小型車「フィット」など44万2997台を国内でリコールすると発表した。写真のフィットは都内で2013年10月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato )

[東京 5日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は5日、タカタ<7312.T>製エアバッグ部品の欠陥問題で、小型車「フィット」など44万2997台を国内でリコール(回収・無償修理)すると発表した。

リコール対象は2004年6月から15年3月に生産した13車種。米国で昨年12月に起きたタカタ製エアバッグの異常破裂による米フォード・モーター<F.N>の車両での死亡事故などを受け、国土交通省に届け出た。

ホンダは先月29日に発表した決算で、約571万台分のタカタ関連リコール費用を追加計上していることを明らかにしており、今回のリコールはその中に含まれる。同社は16年3月期通期の売上高予想(14兆5500億円)に占める品質関連費用の割合が2.2%(約3200億円)になるとの見通しを示している。

*内容を追加しました。

 

(白木真紀、田実直美)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。