「ノート術」にハマる人は何を求めているのか

ビジネスにも役立つ6つのメリット

ノートを書くメリットは以下の6つだと筆者は考えています。

(1)気づきが生まれ「整理」できる
(2)目標が定まる
(3)夢が叶う
(4)日常生活で成果が上がる
(5)ストレスが軽減する
(6)自分の強みがわかり自信がつく。

 「過去」「現在」「未来」の3つのノート

そして、「過去」「現在」「未来」という3つの時間軸にスポットを当てて、3つのノートを書くことをお薦めしています。時間にはそれぞれの流れがあり、特有のノートの取り方が存在します。

過去のノートは「自分へのギフト」、その名も「ギフト・ノート」として読者の過去にあった出来事を書き出し、現在や未来の読者に役に立つノートです。過去のトラウマを解決するためと「自分の才能(ギフト)を再確認して自信をつけるためのノートです。自分では当たり前と思っていることでも、他の人から見たら、素晴らしい才能を持っていたり、有意義な経験を持っていたりするものです。それに気づくために自分の人生をノートで振り返るのです。

見開き2ページで過去10年を振り返って書き出していきます。1ページ5年です。年と迎えた年齢を記入します。「プチ自分史」とでもいったらいいでしょうか。そして、思い出せるところから、箇条書きで、印象に残っていることを書き出します。1年に1つというということでもなく自分の印象ですから、ある年は1年に何個もある場合もあるでしょうし、ある年は全くないということもあります。年別にスペースをつくり、それぞれの年に何が起こったのか、ライフ・イベント(入学・卒業・就職・転職・結婚・出産など)を記入していきます。

過去の印象に残る出来事として良かったと思えるものは「◎」、そう感じることができなかった出来事を「△」と付け加えます。自分史を作成することで、自分の過去のイベントを客観的にとらえ直せるのです。

過去の自分を自覚する目的は、現在~未来に自分の才能のギフトを自分自身に送るためです。自分の才能は人生の過去の局面において触発されます。そもそも人間の脳は忘却するのが得意ですから、過去の出来事を思い出すことは忘却との戦いであり、積極的な自己承認にもつながります。そして、△と付けた事項を◎にできるように過去を書き換える作業を行うと、過去の人生が生きてきます。

次ページ現在という時間軸は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT