多読術 松岡正剛著

多読術 松岡正剛著

著者は自身が提唱する編集工学に照らし合わせて、単なる「多読」ではない、読書の多様性を提案している。

私たちは普段、ラーメンを食べるときははしを使い、フランス料理を食べるときはナイフとフォークを使う。同様に読書にもさまざまな読み方があるという。なんでも速く、たくさん食べればおいしいかといえば、そうではないのと同じで、必ずしも速読や多読がよいわけでもない。

今日はラーメンが食べたいのか、フランス料理が食べたいのか、その日のコンディションに合わせて食事をとる。読書にもこうした好みの多様性を維持できる工夫をすれば、読書体験はより豊かになり、自然にたくさん読めるようになると説く。

ちくまプリマー新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。