ニトリでトップ交代、白井副社長が社長へ

似鳥社長は代表権のある会長に就任

[東京 26日 ロイター] - ニトリホールディングス <9843.T>は26日、白井俊之副社長(60)が社長に昇格する人事を発表した。似鳥昭雄社長(71)は、代表権のある会長となる。2月21日付。

白井氏は、2014年5月から、事業会社ニトリの社長、ホールディングスの副社長を務めてきた。似鳥社長は会見で「約2年間実務を見て、ホールディングスの社長をやっていけると確信した」と述べた。

さらに、異業種も含めて競争が激しくなる中「グループ一体となって改革のスピードを上げなければならない」とし、海外と日本を一体で考えて、意思決定や改革を進めていく体制を作る。

今後は、2022年に1000店舗・2032年に3000店舗という中長期ビジョンに向け、グローバル化を加速するため、似鳥社長がCEOとして方向を定め、白井副社長がCOOとして職務を執行していくことになる。

 

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT