ニトリでトップ交代、白井副社長が社長へ

似鳥社長は代表権のある会長に就任

[東京 26日 ロイター] - ニトリホールディングス <9843.T>は26日、白井俊之副社長(60)が社長に昇格する人事を発表した。似鳥昭雄社長(71)は、代表権のある会長となる。2月21日付。

白井氏は、2014年5月から、事業会社ニトリの社長、ホールディングスの副社長を務めてきた。似鳥社長は会見で「約2年間実務を見て、ホールディングスの社長をやっていけると確信した」と述べた。

さらに、異業種も含めて競争が激しくなる中「グループ一体となって改革のスピードを上げなければならない」とし、海外と日本を一体で考えて、意思決定や改革を進めていく体制を作る。

今後は、2022年に1000店舗・2032年に3000店舗という中長期ビジョンに向け、グローバル化を加速するため、似鳥社長がCEOとして方向を定め、白井副社長がCOOとして職務を執行していくことになる。

 

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。