ニトリでトップ交代、白井副社長が社長へ

似鳥社長は代表権のある会長に就任

[東京 26日 ロイター] - ニトリホールディングス <9843.T>は26日、白井俊之副社長(60)が社長に昇格する人事を発表した。似鳥昭雄社長(71)は、代表権のある会長となる。2月21日付。

白井氏は、2014年5月から、事業会社ニトリの社長、ホールディングスの副社長を務めてきた。似鳥社長は会見で「約2年間実務を見て、ホールディングスの社長をやっていけると確信した」と述べた。

さらに、異業種も含めて競争が激しくなる中「グループ一体となって改革のスピードを上げなければならない」とし、海外と日本を一体で考えて、意思決定や改革を進めていく体制を作る。

今後は、2022年に1000店舗・2032年に3000店舗という中長期ビジョンに向け、グローバル化を加速するため、似鳥社長がCEOとして方向を定め、白井副社長がCOOとして職務を執行していくことになる。

 

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT