ニトリでトップ交代、白井副社長が社長へ

似鳥社長は代表権のある会長に就任

[東京 26日 ロイター] - ニトリホールディングス <9843.T>は26日、白井俊之副社長(60)が社長に昇格する人事を発表した。似鳥昭雄社長(71)は、代表権のある会長となる。2月21日付。

白井氏は、2014年5月から、事業会社ニトリの社長、ホールディングスの副社長を務めてきた。似鳥社長は会見で「約2年間実務を見て、ホールディングスの社長をやっていけると確信した」と述べた。

さらに、異業種も含めて競争が激しくなる中「グループ一体となって改革のスピードを上げなければならない」とし、海外と日本を一体で考えて、意思決定や改革を進めていく体制を作る。

今後は、2022年に1000店舗・2032年に3000店舗という中長期ビジョンに向け、グローバル化を加速するため、似鳥社長がCEOとして方向を定め、白井副社長がCOOとして職務を執行していくことになる。

 

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。