米GEが54億ドルで家電事業を売却へ

中国の青島ハイアールと合意

 1月14日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、家電事業を54億ドルで、中国の白物家電メーカー、青島海爾(ハイアール)に売却することで合意したと明らかにした。写真はGEのロゴ。イリノイ州で2014年9月撮影(2016年 ロイター/Jim Young)

[14日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、家電事業を54億ドルで、中国の白物家電メーカー、青島海爾(ハイアール)に売却することで合意したと明らかにした。

GEは非中核事業の売却を急ぎ、テクノロジー企業への転身を図る。

GEは家電事業を欧州同業のエレクトロラックスに33億ドルで売却することで合意していたが、規制当局の反対を受けて撤回した経緯がある。

事業の売却は完了後に税引き後の1株利益約0.20ドルをもたらすという。

GEは売却益と2016年のリストラ費用を相殺する計画。

 

ハイアールは全額現金で支払う。同社による買収としては過去最大の案件。

ハイアールはGEアプライアンシズのブランド名を引き続き利用するほか、事業の拠点も米ケンタッキー州ルーイビルに残す。

GE家電事業の昨年の売上高は59億ドルで、米国の白物家電市場ではワールプール次ぐ2位。ハイアールは老舗の家電事業買収により、5%未満にとどまっている米市場のシェアを一気に強化したい考え。

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT