米GEが54億ドルで家電事業を売却へ

中国の青島ハイアールと合意

 1月14日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、家電事業を54億ドルで、中国の白物家電メーカー、青島海爾(ハイアール)に売却することで合意したと明らかにした。写真はGEのロゴ。イリノイ州で2014年9月撮影(2016年 ロイター/Jim Young)

[14日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、家電事業を54億ドルで、中国の白物家電メーカー、青島海爾(ハイアール)に売却することで合意したと明らかにした。

GEは非中核事業の売却を急ぎ、テクノロジー企業への転身を図る。

GEは家電事業を欧州同業のエレクトロラックスに33億ドルで売却することで合意していたが、規制当局の反対を受けて撤回した経緯がある。

事業の売却は完了後に税引き後の1株利益約0.20ドルをもたらすという。

GEは売却益と2016年のリストラ費用を相殺する計画。

 

ハイアールは全額現金で支払う。同社による買収としては過去最大の案件。

ハイアールはGEアプライアンシズのブランド名を引き続き利用するほか、事業の拠点も米ケンタッキー州ルーイビルに残す。

GE家電事業の昨年の売上高は59億ドルで、米国の白物家電市場ではワールプール次ぐ2位。ハイアールは老舗の家電事業買収により、5%未満にとどまっている米市場のシェアを一気に強化したい考え。

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。