トヨタ、ミライに続きレクサスでもFCVを投入

燃料電池車の第2弾は2020年メド

 1月11日、トヨタ自動車の豊田章男社長(写真)は、2020年をめどに高級車ブランド「レクサス」で無公害の燃料電池自動車(FCV)を販売することを計画していると明らかにした。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[デトロイト 11日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の豊田章男社長は11日、2020年をめどに高級車ブランド「レクサス」で無公害の燃料電池自動車(FCV)を販売することを計画していると明らかにした。北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で記者団に語った。

トヨタは2014年終盤にFCV「ミライ」を投入しており、レクサスFCVはトヨタとしては第2弾モデルのFCVとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT