経済再興には「両利きの経営」が不可欠な理由

既存の業界秩序が破壊される時代において、既存事業を深めて収益を確保しながらも不確実性の高い新領域を探索し、成長事業へと育てていく「両利きの経営」がコロナ時代を生き抜くイノベーション論として経営界の話題となっています。

著作の邦訳で東洋経済新報社から発売されている『両利きの経営――「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く』について本書の解説者の1人である経営共創基盤グループ会長・冨山和彦さんの解説をもとにご紹介します。

▼動画で紹介した『両利きの経営――
「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く』(東洋経済新報社)はこちら
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4492534083/toyokeizaia-22

▼チャンネル登録はこちらより
https://www.youtube.com/channel/UCN36kFB7Lh4tptI4rsy5vFw

▼東洋経済オンラインで配信した元記事はこちら
https://toyokeizai.net/articles/-/398607

出演:守永真彩(東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーター)
サムネイルデザイン:小澤麻衣(東洋経済新報社 メディア開発部)
サムネイル写真撮影:尾形文繁

東洋経済オンライン
チャンネル登録者数 14500人

東洋経済オンラインの公式YouTubeチャンネルです。日本最大級のビジネスニュースサイト「東洋経済オンライン」より、経済ニュース・ビジネス情報・就活などに役立つ情報を動画でお届けします!