石井 美恵子(いしい みえこ) Mieko Ishii
つくし会幼児進学教室代表

田園調布で幼児教育の教室を26年間運営(1992年開講)。最難関といわれる慶應義塾幼稚舎、早稲田、学習院、聖心、青山学院など毎年合格者を出しており、その志望校合格率は98%という驚異的な数字を残す。1クラス6名という少人数制にもかかわらず、毎年の実績から応募者が殺到するため、ホームページも公開せず“募集しない塾”として受験関係者に有名となる。26年間、自宅の一室を使い、自分一人で教え続け、塾生の食事の準備、自宅のお風呂の解放など、塾生にとって家庭のような居心地のよさから「ママ先生」と呼ばれ慕われている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT