服部 周作(はっとり しゅうさく) Shusaku Hattori

1982年ロンドン生まれ。2004年、マギル大学商学部卒業後、ロイター通信入社。4カ月で退職。台湾へ渡る。2005年、政府国家奨学生に。2007年、修士号取得。翌年、マッキンゼーに入社。2010年、グルーポン新規立ち上げのグローバルメンバーとして参画。2012年、マッキンゼーへ再入社。2015年コンサルティング活動を継続。2018年、事業再生・企業創生支援を手がけるプロフェッショナル集団、アリックスパートナーズにも在籍。初の著書として、米国で『THE McKINSEY EDGE』(McGraw-Hill Education)を刊行、数カ国語に翻訳されている。邦訳版は『47原則』(ダイヤモンド社)。日本語と英語を母国語とし、中国語も堪能。

 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT