市川 幹人(いちかわ みきと) Mikito Ichikawa
クアルトリクス EXソリューション ストラテジー ディレクター

シンガポール国立大学経営大学院修了(MBA)。住友銀行(現三井住友銀行)入行、国内支店・ニューヨーク支店勤務を経て三菱総合研究所に入社。三菱総合研究所では、経営計画策定や新規事業開拓支援コンサルティングのほか、産業・市場・顧客調査、アジア経済動向分析を担当。

その後、ヘイグループ(現コーンフェリー)日本支社にて、従業員意識調査チームを立ち上げる。2020年にクアルトリクスに入社、リサーチ、コンサルティングの経験をベースに、従業員エクスペリエンス分野におけるエキスパートとして、従業員意識調査活動の推進支援のほか、EX領域に関する情報発信などを担当。主な共著・訳書に『勝ち組企業の選択力』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT