市川 幹人(いちかわ みきと) Mikito Ichikawa
クアルトリクス EXソリューション ストラテジー ディレクター

シンガポール国立大学経営大学院修了(MBA)。住友銀行(現三井住友銀行)入行、国内支店・ニューヨーク支店勤務を経て三菱総合研究所に入社。三菱総合研究所では、経営計画策定や新規事業開拓支援コンサルティングのほか、産業・市場・顧客調査、アジア経済動向分析を担当。

その後、ヘイグループ(現コーンフェリー)日本支社にて、従業員意識調査チームを立ち上げる。2020年にクアルトリクスに入社、リサーチ、コンサルティングの経験をベースに、従業員エクスペリエンス分野におけるエキスパートとして、従業員意識調査活動の推進支援のほか、EX領域に関する情報発信などを担当。主な共著・訳書に『勝ち組企業の選択力』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT