大山 峻護(おおやま しゅんご) Oyama Shungo
元総合格闘家・企業研修トレーナー

1974年生まれ。5歳より柔道を学ぶ。全日本実業個人選手権81キロ以下級優勝。2001年プロ格闘家に転身。アメリカのキングオブザケージでマイク・ボークを右ストレート一撃17秒で倒す。PRIDE初参戦の「PRIDE.14」ではヴァンダレイ・シウバと対戦。「PRIDE.21」ではヘンゾ・グレイシーを破る。「HERO'S」でピーター・アーツなど強豪から勝利を収め、2012年にROAD FC 初代ミドル級チャンピオンに輝く。引退後、企業向け人材育成サービスを提供するエーワールドを設立。現在は格闘技を応用した研修プログラム「ファイトネス」で高校、大学の教育機関、スポーツチーム、企業でチームビルディング、メンタルタフネスの企業研修を実施している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT