吉見 俊哉(よしみ・しゅんや) Shunya Yoshimi
東京大学大学院情報学環教授

専攻は社会学・文化研究・メディア研究。1957年東京都生まれ。1987年 東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京大学新聞研究所助手、助教授、東京大学社会情報研究所教授を経て、組織統合で2004年より東京大学大学院情報学環教授。2006~2008年度に東大大学院情報学環長・学際情報学府長、2009~2012年度に東大新聞社理事長、2010~14年度に東大副学長、同教育企画室長、同グローバルリーダー育成プログラム推進室長、2010~13年度に東大大学史史料室長、2017年より東京大学出版会理事長などを歴任。2017年~18年にハーバード大学客員教授として同大学大学院及び学部で教える。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT