原 節子
原 節子(はら せつこ) Setsuko Hara
博報堂ブランドデザイン副代表

1970年生まれ。慶應義塾大学卒業。三和銀行、三和総合研究所を経て、2000年博報堂入社。運輸、金融、流通、飲料、トイレタリー等のブランドコンサルティング業務に従事。 グループ・企業ブランド戦略、CI・VI開発、ブランド体系戦略、インナーブランディング、組織変革等に主に携わる。昨今は、社会への価値創出をマルチステークホルダーで取り組むソーシャルイノベーションプロジェクトとして、未来教育会議、SDGs OPEN 2030 PROJECTなどを推進。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT