こやま 淳子(こやま じゅんこ) Junko Koyama
コピーライター・クリエイティブディレクター

早稲田大学卒業後コピーライターへ。博報堂などを経て2010年に独立。さまざまな企業や商品のブランディングのほか、コピーライター養成講座講師、広告賞審査員なども手がける。最近の仕事は、日経DUAL・日経ARIA・日経doorsブランドムービー、ロッテ「愛のカタチは、義理と本命だけじゃない。」、プラン・ジャパン「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」、LION「hadakara(ネーミング)」、ワコール、NHK、今治市など。著書に『コピーライティングとアイデアの発想法』『choo choo 日和』『しあわせまでの深呼吸。』、山田五郎氏との共著『ヘンタイ美術館』ほか。公式サイト

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT