妻夫木聡と岡田准一の会話に見る「敬語」の難しさ

敬語は「敬意」ではなく「距離感」の表れ?

妻夫木は「未だに気になることがある」と切り出すと「同い年なので岡田くんにはタメ口を話してしまってるんですけど。いまだに岡田くんが敬語なのが気になる…」とポツリ。
岡田は「(自分は)年下でも敬語を使います」と弁解するもすぐさま「でも青木ムネには普通に話してたんです」と暴露。「まだ、やばい。俺は壁があるぞ、これって」と肩を落とした。
(「妻夫木聡〝同学年〞岡田准一の〝敬語〞にがっくり「壁がある」/「ORICON NEWS」/2018年10月23日配信)

妻夫木聡にとって、同じ年齢の岡田准一に敬語を使われることは、自分に敬意を表してくれているというよりも、自分との間に「壁」を作られることなのだ。

敬語は「敬意」ではなく「距離感」の表れ?

さらにこの例は、同じ話し手でも、敬語に対する意識が微妙に揺れていることを示している。まず妻夫木は、「同い年なので」と、敬語は年齢による上下関係にもとづいて使うという意識を持っていることを示している。

一方で、岡田は、「(自分は)年下でも敬語を使います」と、敬語を、相手に対する敬意の表現として使うという意識を表明している。

しかし、妻夫木の「でも青木ムネには普通に話してたんです」(「青木ムネ」は共演している同年齢の俳優、青木崇高)は、岡田の実際の敬語使用は、本人が言っているように「相手に対する敬意」にもとづいているのではなく、相手との距離感にもとづいていることを暴露している。

ここでは、敬語に対する意識が、すっかり親疎関係に移行したわけではなく、まだまだ(年齢による)上下関係ともかかわっているだけでなく、本人が表明している意識と実際の敬語使用がずれていることも明らかにされている。

このように、さまざまな敬語意識が同時に介在している状況で、どのように話すのが「正しい敬語」なのかを決めることなどできない。

次ページ「発言小町」でも敬語の正しい使い方で議論沸騰
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT