満員電車ゼロへの秘策?「変動運賃」とは何か

諸外国は導入済み、航空・ホテルは当たり前

鉄道業界でダイナミックプライシングの動きは進むか(写真:tkc-taka/PIXTA)

7月5日に行われる東京都知事選。小池百合子知事が唱えた「満員電車ゼロ」の公約は、コロナウイルスの影響により皮肉にも一時的に達成される形となった。しかしそれもつかの間、緊急事態宣言解除とともに客足は徐々に回復し、普段の満員電車の様相を取り戻そうとしている。満員電車という社会課題の解決は、令和の時代になっても都市鉄道における大きなテーマとして立ちはだかっている。

そんな中、ビジネスワードとして流行している「ダイナミックプライシング(以下、DP)」を使って電車の混雑を解消するという考え方もある。DPは航空券やスポーツチケットなどでも近年広く取り入れられるようになった。

鉄道会社の収益源に

私は昨年、人工知能によるDP事業を行うメトロエンジン社(東京・港区)を訪問し、少しずつではあるが鉄道におけるDPの可能性を見据えているという話が聞けた。DPは社会課題の解決という側面だけではなく、鉄道の新たな収益源の一つにもなりうる。

現在の運賃制度には回数券・割引切符などの形での「値下げ」はあるものの、ラッシュ帯の運賃が2倍に「値上げ」するようなことはない。そもそも現状のルールでは、「上限運賃制度」が適用され、あらかじめ認可を受けた金額以上に運賃を定めることができない。そして、その運賃の根拠も決められたコスト計算のもとに成り立っている。では上限運賃制度を考慮しない場合に、どのような運賃制度が考えられるだろうかを見ていきたい。

次ページ具体的にどのようなDPが可能か
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT