がん情報のネット検索で絶対に外せない6原則

信頼できる発信元選び、つけこまれないために

②検索冒頭の「広告」のページにはアクセスしない

インターネットのキーワード検索ではおおむね検索結果の冒頭のページから読み始める人がほとんどだろう。だが、ご存じのようにほとんどの場合、冒頭には「広告」ページが表示される。

現在、グーグル、ヤフーの検索などで例えば「乳がん」と入れると、最初に「広告」の付記があるページが表示され、その下に前述の国立がん研究センターの「がん情報サービス」の乳がんのページが表示される。

がんに関する情報検索ではこうした「広告」ページは飛ばして、広告と表示されていないページからアクセスすることをお勧めする。「広告」に表示されるページは、ごく一部に患者団体などのページが表示されることもあるが、ほとんどの場合は特定のクリニックの宣伝などが多く、中立的ではない情報、もっと言えば科学的に効果が証明されていない治療法が表示されることが少なくない。

食事でがんが改善することはほぼない

③ がんに対する食事療法の情報は無視

一般にインターネット上でも一部書籍や雑誌でも特定の食品などを挙げて「○○でがんが治った」「○○でがんが消えた」というものは少なくない。これはがんにかかったときに患者自身や家族が手に届きそうな改善策が食事くらいしかないためだと思われる。

『二人に一人がガンになる ~知っておきたい正しい知識と最新治療~』(マイナビ新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

だが、すでに発症したがんが、特定の食品を食べたり、食事全体の改善のみで消えたりするようなことは科学的に証明されておらず、ないと言い切っていいほどだ。現に前述の国立がん研究センターの「がん情報サービス」でも、体力の低下防止や治療薬の副作用で食事をとりにくい場合などでの対処法などの記載はあるものの、特定の食品についてがんに効果があるなどとは記載していない。がんに関して特定の食事療法を推奨するような情報は無視してほしい。

先ごろ著名人がブログなどに書いていた「血液クレンジング」が医学的根拠はないということで炎上したように、インターネット上にはかなり不確かな医療情報が跳梁跋扈しているのが現実だ。

そして中にはそうしたものを国家資格の医師免許を持つ医師自身が行っている嘆かわしいケースもある。だが、そうした不確かな医療に不幸にも遭遇してしまう確率は、前述の合計6つのポイントを守るだけでもかなり下げることができる。

同時に心得ておいてほしいのは、こと日本での医療に関しては、医療保険適用外の治療を受けることは症状改善の点でほぼ意味がないと言ってもいいくらいだということ。基本的にがん治療をはじめ、日本の医療ではレストランのコース料理のようにより高いお金を払ったからといって、よりよいものを得られることはないと肝に銘じておくべきだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。