「半身不随の43歳男」身にしみた健常者の無慈悲

「歩きスマホ」でさえ障害者には大きな恐怖だ

そういった現状を踏まえ、サシダさんは、何かに頼ること以上に、自立をしなければいけないと悟ったという。

『俺は2度死ぬ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「駅でもホームの端にエレベーターがあるなんてことはざらです。ですから、現在僕は、エレベーターなしのマンションの3階で一人暮らしをしています。近隣に両親が暮らしているため同居することも考えましたが、親が死んだときに、その甘えのツケが回ってきそうで不安でした。今のうちから極力、不自由ながらも自分の身体で動く習慣をつけておかないといけないだろうと。多少強引かもしれませんが、こういった判断ができたのは、いざとなったらサポートしてくれる友人や家族がいるおかげです。無援で社会に放り出されていたらと思うと……想像もしなくたいですね(苦笑)」

「2度目のパラリンピック」だからこそ

現在、サシダさんは、かねてから親交のある福本伸行先生(代表作に『賭博黙示録カイジ』『銀と金』など)のアシスタントとして漫画家活動を送る。2018年2月からは、Twitter上で生死をさまよった話や障害者として感じたことなどを漫画として発表している。

「おこがましいかもしれませんが、障害が残った自分だからこそ気がついた視点や、健常者との差異などを発信していきたい。障害に対する寛容さや理解が不十分と感じるからこそ、漫画という形でわかりやすく伝えていければ。不幸中の幸いだったのは左手ではなく、漫画を描いてきた右手には障害が残らなかったということ。勝手に使命を感じて(笑)、健常者と障害者の懸け橋となれるような作品を作れたらと思います」

来年は、東京でパラリンピックが開催される。実は、1964年東京オリンピックの際に、初めて「パラリンピック」という名称が採用されている。つまり、東京は第1回目の都市としてパラリンピックに臨み、2020年は同じ都市でパラリンピックが開催される“初のケース”となる。2度目のパラリンピック、その意味はとてつもなく大きい。ホスト国として、一人ひとりが障害に対して正しい理解を持つこと。無関心、無自覚を止め、われわれもきちんと向き合わなければいけない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。