三菱自のPHVと新安全技術の実力

トヨタ、スバルを追走



中尾取締役は、この分野で先行したプリウスPHVについて、「そもそもプリウスはCセグメントのセダンタイプであり、空気抵抗や車体の重さという点でSUVと比較して燃費性能の面で利点が多い。われわれはSUVクラスでプリウスPHV以上の数値を目標としている。仮にわれわれがセダンタイプの車種に今回のシステムを導入すれば、プリウスPHVと同等以上の燃費は確保できる」と述べ、ライバルに対抗心を燃やした。

気になる価格帯だが「現状ではまだ決まっていない」(中尾取締役)としながら、「高価格で売れるとは考えていない。今のガソリン車と同じ値段は難しいが、お客様がそんなに負担されることないレベルの価格展開をしていきたい」(同)という。

また、今回のアウトランダーのPHVと同時に発表されたのが、衝突回避や先行者の追従走行を行う安全運転支援システム「e−Assist(イーアシスト)」だ。

安全運転システムとしては、富士重工業(車名ブランド・スバル)の「アイ・サイト」が先行している。スバルはこのシステムの投入によって主力車種の「レガシィ」や昨年発表した新型「インプレッサ」の販売を伸ばしている。現に2010年5月の新アイ・サイト発売以降、国内で販売するレガシィのアイ・サイト装着率は90%にのぼる。

今回、三菱自が発表した衝突防止システムの特徴は電波レーダーを使用した点だ。スバルの「アイ・サイト」はカメラを使用するが、三菱自の「イーアシスト」は電波レーダーを用いることで先行車への追従走行や衝突回避を実現する。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。