ザッカーバーグ氏「今年の挑戦はAIの執事」

 1月3日、米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、2016年には自宅や職場で人工知能によるサポート機能を構築する、という計画を発表した。写真はカリフォルニア州で9月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>のマーク・ ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は3日、2016年には自宅や職場で人工知能によるサポート機能を構築する、という計画を発表した。

同CEOは、毎年個人的に新しい挑戦を行うことにしており、今年の計画をフェースブック上で公開した。

同CEOは「(漫画・映画の)”アイアンマン”に登場する人工知能の執事、ジャービスのようなイメージ」と述べた。

最初は既存の知能を活用、その後自分の声を学習させ、自宅で音楽、照明、温度などの管理をさせたいとしている。

さらに、玄関チャイムが鳴った際に訪問客の顔を認識し、友人であれば開錠することも教える。仕事面では、データの視覚化を行わせるという。

近年同CEOが打ち出した挑戦としては、毎月2冊の本を読むことや、中国語の学習などがある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT