ザッカーバーグ氏「今年の挑戦はAIの執事」

 1月3日、米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、2016年には自宅や職場で人工知能によるサポート機能を構築する、という計画を発表した。写真はカリフォルニア州で9月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>のマーク・ ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は3日、2016年には自宅や職場で人工知能によるサポート機能を構築する、という計画を発表した。

同CEOは、毎年個人的に新しい挑戦を行うことにしており、今年の計画をフェースブック上で公開した。

同CEOは「(漫画・映画の)”アイアンマン”に登場する人工知能の執事、ジャービスのようなイメージ」と述べた。

最初は既存の知能を活用、その後自分の声を学習させ、自宅で音楽、照明、温度などの管理をさせたいとしている。

さらに、玄関チャイムが鳴った際に訪問客の顔を認識し、友人であれば開錠することも教える。仕事面では、データの視覚化を行わせるという。

近年同CEOが打ち出した挑戦としては、毎月2冊の本を読むことや、中国語の学習などがある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT