デジカメ時代に人気のインスタントカメラ

デジカメ時代に人気のインスタントカメラ

デジタルカメラ全盛の時代の中、往年のインスタントフィルムが脚光を浴びている。

1997年のピーク時比で約4%の生産規模まで縮小したフィルム。愛好者の多かった蘭ポラロイド社もインスタントカメラとフィルム生産から2008年2月に撤退した。

「インポッシブル・プロジェクト」と称された計画が始まったのは同年10月のこと。ポラロイド社の元工場長らがオランダでインポッシブル社を設立。ポラロイド社の機材を買い取り、フィルム生産を復活させた。

インポッシブル社の東京支社は、10種類以上のフィルムと中古のポラロイド社製カメラを直販するほか、カメラ専門店や雑貨店、ネットへ販路を広げている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。