デジカメ時代に人気のインスタントカメラ

デジカメ時代に人気のインスタントカメラ

デジタルカメラ全盛の時代の中、往年のインスタントフィルムが脚光を浴びている。

1997年のピーク時比で約4%の生産規模まで縮小したフィルム。愛好者の多かった蘭ポラロイド社もインスタントカメラとフィルム生産から2008年2月に撤退した。

「インポッシブル・プロジェクト」と称された計画が始まったのは同年10月のこと。ポラロイド社の元工場長らがオランダでインポッシブル社を設立。ポラロイド社の機材を買い取り、フィルム生産を復活させた。

インポッシブル社の東京支社は、10種類以上のフィルムと中古のポラロイド社製カメラを直販するほか、カメラ専門店や雑貨店、ネットへ販路を広げている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。