日本の「夫婦別姓禁止」は、いつまで続くのか

最高裁の判示に打たれた布石を読み解く

最後に、「通称使用による不利益の緩和の有無」。多数意見は、婚姻前の氏の通称使用が広まることで不利益は緩和されると判断している。この判示は報道も大きくされた。一方、少数意見は、通称は便宜的なもので、公的な文書には使用できない場合があるうえ、戸籍名と異なるなどの問題点があると指摘している。

「多数意見のいうように、通称の使用が広まれば、夫婦同氏による不利益は緩和されるが、そうなれば通称の使用を法制度化すべきという流れになる。通称を法制度化することは、結局、夫婦別氏を認めるに等しい。多数意見の指摘は、自分で自分の首を絞めているようなものだ」(同)

こうして見てみると、やはり少数意見の方が説得的であると思える。しかし、法律家の間では、最高裁は憲法違反ではないと判断する可能性が高いと予想されていた。

あくまでルールを決める場は国会

物事を決定するときは、原則として、国会による民主的手続による必要がある。裁判所がなんでも「憲法違反」と判断してしまえば、それは国民主権ではなく、裁判官による支配となってしまうだろう。また、夫婦別氏を認めないことが憲法違反であるとしても、具体的にどのような制度にすればよいのかについて、裁判所は判断する立場にない。今回のようなケースの場合、国会による議論を通した、民主的手続での改正を促すことが筋だと考えられていたのだ。

しかし、説得力のある少数意見は、未来の多数意見につながる道筋の第一歩となる。非嫡出子の法定相続分差別についても、「憲法違反」とする意見は平成7年には最高裁の少数意見であったが、平成25年には多数意見となった。今回の判決の少数意見が、選択的夫婦別氏導入に向けた強力な後押しになることは間違いない。

さらに、今回の判決で注目すべきポイントがもう1つある。

次ページ実は多数意見も、夫婦別氏に好意的?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT