北越紀州が大王製紙社長らに巨額賠償請求

資本関係めぐる対立からついに裁判ざたに

購入価格との単純比較では含み益があるにしても、「大王の株式取得後は、技術提携をはじめとした事業上のシナジー効果を発揮させたり、持分会社でもある大王のガバナンス向上に寄与することで、その株式価値を上げてきた。個人投資家とは立場が違い、購入価格との比較で損害を算出するわけにはいかない」というのが北越紀州の主張だ。

「日本では初めて」(同社)となる損害賠償請求訴訟だけに、北越紀州の主張する損害額88億円がそのまま認められるかどうかは、裁判の推移を見守るしかない。

ついに「裁判ざた」で亀裂は決定的

北越紀州との訴訟はさておき、大王にとって、CB発行をきっかけに大幅下落した株価をいかに早急に復元するかが、今後の喫緊の経営課題であることは間違いない。

大王の株価はCB発行後も回復が鈍く、9月下旬~10月上旬にかけては、1000円大台を割り込む場面も見られた。今回の大王経営陣に対する損害賠償請求訴訟の提起により、大王の株価はますます浮上のきっかけを見出しにくくなっている。

業績面を見ても、大王の今2015年度は営業利益では増益が見込まれるものの、営業外収入として前期計上した福島県からの補助金(いわき工場増設に伴う)が消え、純利益ベースでは大幅減益の格好となる。結果として1株当たり純利益は、前2014年度の93円に対し、今2015年度は今のところ68円程度に落ち込む見通しだ。CB調達資金による増産投資などが「本業」の増益につながるのを何年も待つ余裕はなく、足元で進行中の中期事業計画でも掲げている洋紙の構造転換や、徹底したコストダウン、人材活用の効率化などをさらに加速させる必要がある。

いずれにしても、今回の北越紀州による大王経営陣への損害賠償請求訴訟の提起が、資本関係のある両社の亀裂を決定的にすることは確かだ。これまで北越紀州の岸本社長がことあるごとに大王・佐光社長に求めてきた「株主との対話」も、原告・被告の関係となった以上、困難になったものとみられる。

かつて業界内でささやかれた、大王・北越紀州、さらには三菱製紙などを糾合した、製紙「第三極」形成による再編思惑も、大きく後退せざるをえない。両社の関係がこう着状態の中で、北越紀州、大王とも次の一手を繰り出しにくい局面が続く。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT