難民や避難民が急増、6000万人を大きく超過

国連が報告、過去最高に

 12月18日、国連は18日発表した報告書で、強制的に住む家を追われた人々の数が今年、世界中で過去最高の6000万人を「はるかに超えた」との見方を示した。写真はマケドニアで11月撮影(2015年 ロイター/Stoyan Nenov)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 国連は18日発表した報告書で、強制的に住む家を追われた人々の数が今年、世界中で過去最高の6000万人を「はるかに超えた」との見方を示した。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は「難民や国内避難民は2015年に初めて6000万人を超える見通しで、いまや122人に1人が家を追われたことになる」と報告書で述べた。2014年末には全体で5950万人だった。

戦争や迫害を逃れて国境を越えた「難民」は推定2020万人で、1992年以来最大。ドイツやロシア、米国では、今年上半期に過去最高の100万件近い難民申請が新たに提出され、約250万人分が未処理となっている。

国境を越えずにいる「国内避難民」は今年半ば時点で推定3400万人。2014年の同時期より約200万人多い。3月に内戦が勃発したイエメンが最も多く、新たに93万3500人が家を追われた。

依然として発展途上国の国境紛争地帯が、難民の最大割合を占めており、報告書は「感情的な恨み」や「難民の政治利用」が増えていると警告した。

報告書は今年半ば時点の公式データに基づいている。地中海を渡って欧州に移民や難民が流入したピークは10月だった。

2011年に始まったシリア内戦では、今年半ばまでに420万人が外国に逃れて難民となり、760万人が国内避難民となっている。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。