損保ジャパン日本興亜、海外M&Aで大失態

世界5位再保険会社の持分会社化を断念

活発な日本企業の海外M&A。損保各社も例外ではない(写真:Rawpixel/PIXTA)

再保険で世界5位のグローバル企業をグループに持つ――夢のビッグプロジェクトはもろくも崩れ去った。12月11日、損保ジャパン日本興亜(SOMPO)ホールディングスは、フランスの再保険会社スコールを持分法適用会社にすることを見送る、と正式に発表した。

今回、あえなく坐礁してしまったSOMPOのM&Aプロジェクト。まず、経緯をざっと見ておこう。

発表後わずか9カ月で撤回

スコールを持分会社にする計画をSOMPOがぶち上げたのが今年の3月6日。スコールの筆頭株主であるスイスの投資会社パティネックス社から議決権の8.1%に当たる株式を取得した後に、市場からの追加取得も行って15%以上の株式を獲得し、あわせて取締役1名を派遣するとした。

買収額は約1100億円で、同社の海外M&Aとしては2014年5月の英ロイズ損保大手キャノピアス買収(約1000億円)に続く大型のM&Aとなる。この投資によってスコールの純益の15%相当の100億円程度を取り込めば、SOMPOの海外事業の利益は一気に300億円台に乗せ、ライバルのMS&ADが射程に入る。そういう算段だった。

ところが、発表からわずか9カ月で撤回。わずか1枚のリリースをひっそりと出しただけ、対外的にはショックの大きさを見せまいとする意向がありあり。断念の理由も「投資の経済合理性およびその後の環境変化などを総合的に検討し決定した」と具体性に欠ける。

次ページ「なぞ」多き案件
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。