米軍幹部、南シナ海をめぐる軍拡競争に警鐘

米太平洋艦隊司令官がハワイで演説

 12月15日、米太平洋艦隊のスコット・スウィフト司令官は南シナ海をめぐり、国家間の領有権問題の解決に、国際法ではなく軍事力に頼ろうとする傾向が強まっているとして、軍拡競争が起きる可能性に警告を発した。写真は南シナ海で5月撮影。米海軍提供(2015年 ロイター)

[東京 15日 ロイター] - 米太平洋艦隊のスコット・スウィフト司令官は南シナ海をめぐり、国家間の領有権問題の解決に、国際法ではなく軍事力に頼ろうとする傾向が強まっているとして、軍拡競争が起きる可能性に警告を発した。

14日にハワイで司令官が行った演説の原稿コピーをロイターが確認した。

スウィフト司令官は「私の懸念は、平和と繁栄の数十年間を経てわれわれがこの地域で『力は正義(勝てば官軍)』という状況が復活する予兆を見ているかもしれないということだ」と指摘。中国など各国に対し、領海紛争の解決では仲裁に頼るよう求めた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。