規制強化は金融情報の新たなニーズを生む--ブルームバーグCEO ダニエル・ドクトロフ

──顧客側の値下げ要求が厳しくなっているのではないですか。

料金の引き下げをしないのが当社の姿勢。その方針は1981年の会社設立時から変わっていない。

日本へは83年から進出した。創設者のマイケル・ブルームバーグ(現米ニューヨーク市長)は当時、端末の利用料金を1カ月当たり995ドルに設定。金額は相手が誰でも同じであり、値引きはしないと決めた。

現在の価格は同1655ドル。値上げは2年ごとで、インフレ率を反映させている。年換算すれば、わずか2%の値上げにすぎない

当社の商品はニュース、データ、分析ツール、トレーディングツールなど多くのサービスが詰まった統合的なパッケージだ。値引きする代わりに、プロダクトやサービスの付加価値を高めることに注力している。これまでも機能強化に多くの投資を振り向けてきた。83年時点では端末にごくわずかな機能しか備わっていなかったが、30年後の今では3万7000の機能が搭載されている。

サウジの王子と戦略提携 中国・トルコでBW拡販

──09年の米『ビジネスウィーク(BW)』誌買収の効果は。

発行部数は全世界で470万部。ビジネス界の関係者だけではなく、各国の政府高官などニュースにさまざまな影響を与える人たちが読んでいる雑誌だ。買収に伴うコストは幸運にも比較的、少なくて済んだ。今や、ブルームバーグに多くの恩恵をもたらしてくれている。

現在は国際的な拡大路線を継続中だ。パートナーシップを通じて中国やトルコなどにも進出している。

──新興国では投資家層に厚みが増してきた。事業全体にメリットが大きいのでは。

おそらく今後の成長の大きな源泉になるだろう。収入増のかなりの部分は新興国からもたらされるとみている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。