規制強化は金融情報の新たなニーズを生む--ブルームバーグCEO ダニエル・ドクトロフ

規制強化は金融情報の新たなニーズを生む--ブルームバーグCEO ダニエル・ドクトロフ

世界の金融・資本市場の取引高は、ユーロ危機の長期化などを映して低調に推移している。そんな中、金融情報サービス大手の米ブルームバーグの業績は昨年来、順調だという。どこに戦略の強みがあるのか--。来日した同社のダニエル・ドクトロフ最高経営責任者(CEO)に聞いた。

──昨年来、快進撃が続いているようですね。

足元は良好だ。去年の売上高は前年比11%増。今年も同7%前後のプラスを見込んでいる。運用や証券関連の業界が厳しい状況に直面している中で、この数字を上げることができるのは誇らしいことだ。

--リーマンショックやユーロ危機などを背景に金融市場の流動性が低下する中、金融情報産業にとっては逆風が吹いているのではないですか。

厳しい状況を目の当たりにして、多くの投資家が従来にも増してリターンの向上を追い求めている。そうした流れの中で、金融情報へのニーズが膨らんでいるのだ。

これまで、世界各国でプロダクト(商品)に対する大規模な投資を続けてきたことも、市場シェア拡大につながった。一例を挙げると、全世界で約100人のリサーチ・アナリストを採用し、分析に必要な情報やデータを集約したダッシュボードのような新規プロダクトを北米で投入した。これにより、これまでは十分に訴求しきれていなかった、投資銀行やプライベートエクイティ(非上場企業への投資)などの新しいタイプの顧客を獲得することができた。

ポートフォリオの特性やリスク分析に役立つツールの提供も開始した。厳しい運用環境下では有用なサービスだ。先進国の証券業界人口はこの5年、まったく増えていない。しかし、当社の同業界への浸透度合いはむしろ、高まった。新たな取り組みがプロダクトの価値向上に貢献しているわけだ。

これに伴って、会社の規模も膨らんでいる。2008年末の社員数は約1万0600人だったが、現在では1万5000人超を数える。セールスチームの人員は同年末に比べると4割増だ。ニュース部門で働く人も増えた。同部門が拡大しているのは、世界中のメディアの中でも珍しいケースだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。