電通が約4000億円で英広告大手買収

巨額のれんに見合う投資か疑問の声も

 

単純計算で今回ののれん代は4700億円規模に上る見込み。20年償却として毎年240億円程度の減価償却費がのしかかる。一方でイージスの前年度営業利益は1億4500万ポンド(約180億円)。その差分を埋めることができなければ、マイナス効果でしかない。

海外事業をめぐっては、電通は世界3位の仏ピュブリシスグループに15~20%出資して持ち分法適用会社化したこともあるが、今年になって株を売却し提携を解消した。ほとんどシナジーが発揮されなかったからだ。持分と買収による経営グリップの違いはあるものの、今回の買収後もイージス社の経営陣をそのまま経営に充てる方針であり、今後の展開次第ではシナジーが十分に発揮されない可能性は残る。

国内広告ガリバーのかつてない賭けは吉と出るか、凶と出るか。注目されそうだ。

◆電通の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

 

(冨岡 耕 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。