アイフォーンの商標使用料は年間1億円?

アイホンの決算から

 

この合意により、アップルは日本国内でもアイフォーンの商標で販売できるようになった。アップルが日本国内では初代機となるアイフォーン3Gを発売したのは08年6月のことだ。ただし、アップルのウェブサイト、ニュースリリースなどには必ず「iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています」との注書きが付されている。

09年3月期から計上を開始したことから考えると、「アイホンがアップルから受け取る商標使用料は年間1億円」と考えるのが妥当だろう。なお、アイホンは「受取ロイヤリティーがどういったものなのか、その詳細については公表できない」(経理部)としている。

◆アイホンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。