アイフォーンの商標使用料は年間1億円? アイホンの決算から

拡大
縮小

 

この合意により、アップルは日本国内でもアイフォーンの商標で販売できるようになった。アップルが日本国内では初代機となるアイフォーン3Gを発売したのは08年6月のことだ。ただし、アップルのウェブサイト、ニュースリリースなどには必ず「iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています」との注書きが付されている。

09年3月期から計上を開始したことから考えると、「アイホンがアップルから受け取る商標使用料は年間1億円」と考えるのが妥当だろう。なお、アイホンは「受取ロイヤリティーがどういったものなのか、その詳細については公表できない」(経理部)としている。

◆アイホンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT