アイフォーンの商標使用料は年間1億円?

アイホンの決算から

 

この合意により、アップルは日本国内でもアイフォーンの商標で販売できるようになった。アップルが日本国内では初代機となるアイフォーン3Gを発売したのは08年6月のことだ。ただし、アップルのウェブサイト、ニュースリリースなどには必ず「iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています」との注書きが付されている。

09年3月期から計上を開始したことから考えると、「アイホンがアップルから受け取る商標使用料は年間1億円」と考えるのが妥当だろう。なお、アイホンは「受取ロイヤリティーがどういったものなのか、その詳細については公表できない」(経理部)としている。

◆アイホンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT