まずはリアルな「縮原発」から「新エネルギー庁」の創設を

たとえば、海上風力発電では漁業権などとの軋轢が予想される。有望視される地熱発電でも温泉業者からの反発が必至だ。そのあたりにも目配りが利き、権限を背景に強力に推進する政治力がなければ、再生可能エネルギーを今の原発並みに普及させることは困難だろう。

新たに設置が決まった原子力規制委員会、そして再生可能エネルギー政策を一元管理する「新エネルギー庁」を2本柱として、脱原発依存を中長期的に推進していく。これこそ地震大国である日本で未来に禍根を残さないために、政治が担うべき使命だ。

(シニアライター:野津 滋 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年7月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。