まずはリアルな「縮原発」から「新エネルギー庁」の創設を

拡大
縮小

たとえば、海上風力発電では漁業権などとの軋轢が予想される。有望視される地熱発電でも温泉業者からの反発が必至だ。そのあたりにも目配りが利き、権限を背景に強力に推進する政治力がなければ、再生可能エネルギーを今の原発並みに普及させることは困難だろう。

新たに設置が決まった原子力規制委員会、そして再生可能エネルギー政策を一元管理する「新エネルギー庁」を2本柱として、脱原発依存を中長期的に推進していく。これこそ地震大国である日本で未来に禍根を残さないために、政治が担うべき使命だ。

(シニアライター:野津 滋 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年7月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT