再開したアコーディア株主総会は会社側役員候補が完勝、2日目出席者は5人、3分で終了宣言、ただ平和側は法的措置も辞さず

7月2日には太平洋クラブが再生計画案を提出する予定で、アコーディアによる支援が本決まりとなる。ただ、太平洋クラブの会員メンバーからは、アコーディアによる“買収”に対する反対の声も少なからず上がっており、太平洋クラブの再建がうまく進むかどうかはまだ不透明な面もある。

また、議決権行使の得票においては完敗した形の大株主オリンピア側も、28日夜に「アコーディアの株主総会の手続きが著しく不公正であることについて」と題するリリースを発表。「ただちに委任状および議決権行使書閲覧請求を行うとともに、株主総会決議取消訴訟を含むあらゆる必要な法的措置を講じることを、ここに宣言します」と表明した。

数日以内には会社側の提出する臨時報告書で、会社提案、株主提案それぞれに対する議決権行使の状況も明らかになる。その中で株主提案に対する一般株主の支持率がある程度多ければ、会社側への一定のプレッシャーとなりうる可能性もありそうだ。

※写真:1日遅れの総会終了後、鎌田社長らはただちに臨時取締役会を開催。29日午前、アコーディア・ゴルフ株主総会報道センターで記者団に最終結果を説明する同社のIR担当者

◆アコーディア・ゴルフの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(大滝俊一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。