読めば納得!モンゴル人横綱の「尖った」言動

「建前なし」「容赦なし」には理由があった

しかし、家族は別です。何よりも大切なのが家族です。ゲルを構えた10キロ範囲は自分と家族、そしてその周りは衝突を避けるために兄弟、親族で固めます。家族や親族など血のつながりを大切にするので、その親族が住んでいる地元意識が強いのですよ。会ったら「あなたの地元は?」と聞きます。

謝らない、恨まない、そのワケ

――地元意識、ですか。遊牧民族に地元があるのですか。

遊牧といっても大体の地域があり、それを聞けば近い関係かどうかがわかります。地元の人同士は親近感があるので、信用してもいいか判断するときにはふるさとの話をします。モンゴル人には家族は裏切らないけど、ビジネス関係では他人には容赦がない、弱肉強食的な感覚があります。

ルンダー・ダワー・ジャルガル参事官

それでも、自分たちの間合いと言える住んでいる空間に、お客さんや見知らない誰かが入ってきた場合には、全力で助けます。広大な自然の中ではそれは生死の問題ですから。

しかし、助けても見返りを求めず、恩を売りません。遊牧民の生活では今日会った人は、もう明日は会わない人。今日行ったことは今日限りです。助けられたほうも感謝はやたらとせず、恩を返さなければとは思いません。やって当たり前なのに感謝をしたら逆に失礼で、怒られることもあります。

それに、謝ることも恨むことも、さほどしません。謝っても延々と謝りません。相手も間違いなどは大目に見ます。モンゴル出身の横綱が問題を起こしたと言われることがありますが、彼らにとってはおそらくそれほど大きな問題を起こしたとは思っていないのです。

――それをわかっていないと「あいつは失礼だ」と言われてしまいますね。

これは広大な土地に家族のみで住む遊牧民と、地域に根差して仲間意識が高く、社会性を持ってみんなで力を会わせて作業をする農耕民族との大きな違いです。「建前」も遊牧民族にはわかりません。今日会って、明日会わないモンゴルでは、取り繕う必要はありません。物事はまず率直に、正直に言うことです。

それとモンゴルには「言霊」文化があります。歴史をさかのぼるとモンゴルはシャーマニズムです。「天」と「地」を大切にし、その間に神々がいます。悪いことを言葉にすると、それを神様が聞いて実現しないようにすると考えられています。

思っていても口に出しません。たとえばビジネスで「うまくいかないだろう」と言ってしまうと、それば本当にうまくいかなくなると考えられる。建前で適当なことを言うのもよくないけれど、ネガティブなことばかり言うのもダメです。その意味ではモンゴルの国民は、とても前向きで楽天的な国民ですね。

次ページ日本と同じく、亡くなった人を神と敬う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。