日本株2万円の前に無視できない3つの視点

今こそ複眼視を持って需給調整に備えよう

その2:夏場のマド埋め&3つ目のマドあけ

連休明けの日経平均株価は1万9924円、小幅ながら5日続伸。物色の裾野も拡がり、騰落レシオが120~140%前後で高止まりしている(前回の記事参照)。日足チャート(ローソク足)をみると、夏場(8月20~21日)の下方マド(2万0033円)を埋めようと、足元は戻り高値を試している。

一方、仮に今後も上放れた場合、戻り相場における3つ目のマドをあけることになる。これはエグゾースション・ギャップ(消耗のマド)といわれ、上げ一服を示唆する。チャート面から『夏場の窓埋め』と『3つ目のマドあけ』を同時に達成したのち、いったん調整に転じることも想定しておきたい。

その3:信用期日が接近、上値では個人の売りも

日経平均株価の年初来高値は6月24日(2万0868円)。今後は信用取引の高値期日(通常6カ月)が12月第4週(12月21~25日)に到来する。また長期投資家の損益分岐点ともいえる200日線は1万9374円(11月24日時点)。 2万円を上回ると、信用取引を中心とした個人の『戻り売り』や長期投資家の『利益確定売り』が上値を押さえそうだ。

米年末商戦と国内政策期待が下支え

先週末(11月20日)までの日経平均株価は5週連続高となっているものの、足元2週間での上げ幅は200円程度にとどまる。11月の売買代金も第1週の郵政フィーバーを除けば、1日当たり2兆円台前半。例年12月後半は、海外投資家がクリスマス休暇で売買を手控えるため、商いはしぼむ傾向にある。米利上げを織り込みながら上値を追うにはエネルギー不足だろう。

26日は感謝祭で米国休場となるものの、27日のブラックフライデーや30日のサイバーマンデー等から米年末商戦の行方に注目が集まろう。国内では27日に10月全国消費者物価指数(CPI)と家計調査が公表される。日本株が調整しても、金融緩和の持続や補正予算等の政策期待が下支えしそうだ。ただ日本株を需給面からみると、ここからの上値は限られそう。年末にかけては、株価よりも時価総額、マド埋めよりもマドあけ、信用の高値期日迎えと調整に備えた複眼視が必要と思われる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT