スマートテレビに未知の可能性、日本に残された逆転の芽

猪子寿之・チームラボ社長に聞く

 

スマートテレビは、単純に「ネットにつながるテレビ」であればよいわけではない。スマホと同様、その意味合いを考えるべきだ。スマートテレビの特徴は、同一空間において“複数”で利用するということだ。基本的にPCもスマホも個人で使うものであるため、スマートテレビの開発には従来の延長線上にはない、まったく新しい発想が求められる。

--日本のアドバンテージとは?

同一空間での複数利用はまだ手つかずの領域で、ネット業界を牽引してきたシリコンバレーにもノウハウが蓄積されているわけではない。少なくともスタートは横一線だ。

日本が強いテレビゲームや、日本発祥のカラオケは、主として複数人が同じ空間で楽しむものである。日本には文化的な素地があるともいえる。個人的な思いつきレベルだが、たとえば、複数人がそれぞれスマホで自分が見たい動画を検索して、スマートテレビに送信する。その動画をスマートテレビに保存していき、皆で順番にそれを見るといった使い方などが考えられる。

スマートテレビの利用は家庭のリビング内に限らない。都市でも利用できる。イメージとしてはデジタルサイネージ(電子看板)が近い。ただ現状では、企業の広告ツールや駅の案内板程度の使われ方しかされておらず、市場としては小さいままだ。

スマートテレビで主導権を握るには、ここで新しい使い方を提示して、イノベーションを起こせるかがカギになる。画面の大きさや画質のよさといったハード面の性能は、はっきりいってどうでもいい。

いのこ・としゆき
1977年生まれ。2001年東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業、社長に就任。ブランドデータバンク取締役、産経デジタル取締役を兼任。

(週刊東洋経済2012年5月19日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。撮影:今井康一

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT