ジーンズを脅かす流行「アスレジャー」とは?

いま押さえておくべき6つの事実

4.「新たなデニム」としての長期トレンド

このアスレジャーのトレンドはサッカーマム(子供にサッカーを習わせる教育熱心なアッパーミドル階級の母親)やミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭に生まれた若年層)に限ったものではない。人々はアスレジャーを着て、エアロバイクに乗ったり、ヨガクラスに参加したりするだけでなく、パーティや重役会議にまで参加している。マーケットリサーチ企業のNPDによると、スポーツウエアを購入するおよそ半分の人たちはスポーツ目的で購入しているのではなく、カジュアルに着る普段着目的として購入しているという。

ナイキのCEOであるマーク・パーカー氏は、2014年の秋にニューヨークで行われた「Women’s Innovation Summit」にて「レギンスは新たなデニムである」と発言したが、少しも不思議ではない。

5. 右肩上がりの成長を続ける売り上げ

これは単なる一過性のトレンドではない。激化する競合環境のなか、小売業界にとってアスレジャーは成長の舞台になるかもしれないのだ。市場リサーチ企業のユーロモニター・インターナショナル(Euromonitor International)によると、アメリカ国内におけるアウトドアや「スポーツに影響された洋服」なども含むスポーツウエアの売り上げは7.8%成長していて、2014年は910億ドル(約11兆円)の利益があったという。2007年と比べると27%以上の成長だ。

ブルームバーグは、ジーンズ大手の老舗リーバイスが、頭打ちのジーンズ需要と、女性がジーンズよりヨガパンツを選ぶ傾向に苦しんでいると伝えている。同記事によると、アスレチックパンツに限れば2010年から2014年の間に売り上げは62%伸びた。調査企業のNPDグループによると、2014年時点でアスレチックパンツとジーンズの販売数は並び、女性向けジーンズ市場は8%縮小したという。

6. 業界のリーダーは、ルルレモン

市場をつくったとも言えるルルレモンは、支配的な地位にあるようだ。ルルレモンはカナダ・バンクーバーに本拠を持つ、創業1998年のヨガブランド。時価総額90億ドル(1兆円)。ヨガにふさわしい素材のウエアを開発してきた結果、ランニングなどのフィットネス全般に利用されるようになった。同社は2006年から売り上げを急速に伸ばし、2014年の売り上げは18億ドル(約2100億円)に達している。

手ごわい後続勢、アスレジャー市場は百花繚乱

しかし、後続勢も手ごわい。アンダーアーマーは「コールドギア」「ヒートギア」の高機能ウエアで人気。同社は世界最大規模のフィットネスアプリを運営し、アパレルを販売するだけではなく、日常生活のなかにまで浸透しようとしている。ナイキ、アディダス、リーボックなどのスポーツ用品大手のほか、下着メーカーのビクトリアシークレットも参入。百花繚乱状態だ。

懐疑的な専門家もいる。マーケット調査企業フォレスター・リサーチのアナリスト、スチャリタ・ムルプル氏は「現在すでに大勢のプレイヤーたちが参入しているため、このアスレジャーの分野は飽和状態になっているかもしれない」と語った。

(文:小嶋太一郎、吉田拓史)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
ナイキ、YouTube動画で女性ユーザーを囲い込み。2桁成長を遂げるレディース需要を受けて
アディダスを打ち砕いた新興ブランド「アンダーアーマー」:その雑草魂の成長戦略とは?
Z世代(現在の10代)について、マーケターが知っておくべき5つのこと

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?