転機を迎える日本の人材育成(その1)

 

●1000人を境に教育研修スタッフ数は大きく異なる

 「1001名以上」では6割強の企業が教育研修の専門部署を持っているが、何人のスタッフがいるのだろうか。
全体で見てみると、規模が大きくなるほどスタッフ数が多いことがわかる。「1~300名」では「1人」が25%、「2人」「3人」「4人」は19%であり、「5人」は6%、「6~10人」13%で、11人以上はない。
「301名~1000名」では、「1人」が急減して7%。「2人」は急増して40%になる。「3人」と「4人」は13%ずつで、「5人」20%、「6~10人」7%。「1~300名」と同じく、11人以上はない。
ところが「1001名以上」になると様相は一変する。「1人」と「2人」はなく、「3人」17%、「4人」21%、「5人」が13%だ。もっとも多いのは「6~10人」で25%。「11~20人」は13%、「21人以上」も13%ある。1000名を境に教育研修のスタッフ数に大きな違いがあるようだ。

図表3:専門部署のスタッフ数(全体、規模別)
[+]画像拡大

●メーカー系は選抜社員を、非メーカー系は社員全体を重視する傾向

 能力開発の方針は、メーカーと非メーカーで大きな差がある。非メーカーは社員全体の能力を高めようとしているが、メーカーは選抜社員の能力開発を重視している。
メーカーから数字を確認してみよう。「社員全体」は19%、「どちらかというと社員全体」は39%。あわせると54%と過半数だ。一見すると多いようだが、非メーカーに比べるとかなり少ない。後で比較する。「どちらでもない」は14%、「どちらかというと選抜した社員」が32%だ。
非メーカーでは、「社員全体」28%だ。「どちらかというと社員全体」は42%であわせると70%になる。メーカー系の54%と比べると、明確に「社員全体」が多いのだ。
「どちらかというと選抜した社員」は15%で、「選抜した社員」が3%で合計は18%だ。メーカー系の32%の半分弱である。
メーカー系では生産ラインの現業職と、開発や企画事務職では教育研修体系が異なることが推測される。

図表4:現在の能力開発の方針
[+]画像拡大

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT