アルプス電気、好調は"問題児の復活"にあり

かつての苦戦事業でつかんだ、我が世の春

同時に、スマートフォンの急速な普及が復活の下地になった。「フェイスブック」などのSNSで写真を共有するユーザーも大幅に増加し、より良いカメラ機能を搭載することのニーズは日増しに高まっていった。これに伴い、スマホメーカー各社は競ってカメラ機能を高画素化。オートフォーカス機能も一般的に用いられるようになった。

業績の牽引役となった、オートフォーカス用カメラアクチュエータ

そして、アルプス電気復活の起爆剤となったのが「光学手ぶれ補正機能」だ。極めて精密にレンズを動かす事が不可欠な手ぶれ補正を、スマホに搭載することは技術的ハードルが高く、採用する機種はなかなか現れなかった。が、2014年9月に発売された「iPhone6 Plus」がついに手ぶれ補正機能を採用。他社に先駆けて大量生産体制を確立したアルプス電気がその恩恵を一身に受けた事で、収益性が飛躍的に改善した。

積極投資に打って出る

こうして急成長を遂げたアルプス電気だが、手綱は緩めない。29日に行われた決算説明会では、従来474億円としていた設備投資計画をさらに76億円積み増しして550億円とすることを発表。電子部品事業に限ると設備投資金額は前年比ほぼ倍増となる417億円にのぼる。

会見で詳細は明かされなかったが、闇雲な設備投資ではないだろう。光学手ぶれ補正機能が中国スマホにも普及していく事が期待される事に加え、「iPhone7」の登場によってアクチュエーターの需要がさらに広がる可能性が高いからだ。

今まで、光学手ぶれ補正機能は、iPhoneの中でも大型の「iPhone6 Plus・iPhone6S Plus」にしか搭載されていなかったが、通常のiPhone7にも搭載される可能性がある。そして、iPhone7Sでは背面カメラのレンズが2つになる「デュアルカメラ」が採用されることがほぼ確実視されている。レンズが2つになればアクチュエーターも2つ、つまり需要が倍になる計算だ。

かつての問題児、アクチュエーターがどこまで化けるかは、来年になるまでわからない。今のところは「皮算用」だ。しかし、アルプス電気は、さらなるチャンスをつかむべく、期待と投資を膨らませている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。