体操の内村が前人未到の個人総合6連覇

採点が出る前に両手でガッツポーズ

 10月30日、体操の世界選手権、男子個人総合決勝で内村航平が前人未到の6連覇を達成した(2015年 ロイター/Phil Noble)

[グラスゴー 30日 ロイター] - 体操の世界選手権は30日、英国のグラスゴーで男子個人総合の決勝を行い、内村航平が前人未到の6連覇を達成した。

予選トップ通過の内村は決勝で92.332点をマーク。最終種目の鉄棒の競技を終えると優勝を確信。採点が出る前に両手でガッツポーズを作った。

来年のリオデジャネイロ五輪代表も決めた内村は、1968年メキシコ、72年ミュンヘン大会での加藤沢男以来となる五輪個人2連覇をめざす。

2位のマンリケ・ラルドゥエトは、キューバに個人総合で初のメダルをもたらした。萱和磨は10位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT