体操の内村が前人未到の個人総合6連覇

採点が出る前に両手でガッツポーズ

 10月30日、体操の世界選手権、男子個人総合決勝で内村航平が前人未到の6連覇を達成した(2015年 ロイター/Phil Noble)

[グラスゴー 30日 ロイター] - 体操の世界選手権は30日、英国のグラスゴーで男子個人総合の決勝を行い、内村航平が前人未到の6連覇を達成した。

予選トップ通過の内村は決勝で92.332点をマーク。最終種目の鉄棒の競技を終えると優勝を確信。採点が出る前に両手でガッツポーズを作った。

来年のリオデジャネイロ五輪代表も決めた内村は、1968年メキシコ、72年ミュンヘン大会での加藤沢男以来となる五輪個人2連覇をめざす。

2位のマンリケ・ラルドゥエトは、キューバに個人総合で初のメダルをもたらした。萱和磨は10位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。