金融緩和では解決しない日本経済の低迷、国会の責任は重大

そしてその根拠として、日銀が量的緩和政策を行った01年3月~06年3月に、物価連動債から割り出される期待インフレ率が高まったとする。

だが、日本の物価連動債は市場が縮小一辺倒で妥当な指標にはならない。また、物価連動債の市場が厚みを持っている米国でも、期待インフレ率は金融市場参加者だけでなく、ミシガン大学の消費者信頼感指数など一般の消費者の見方を取り込み、判断されている。

国会議員の怠慢

4月、日銀審議委員に民間エコノミストの河野龍太郎氏を充てる人事が国会で不同意とされ、不成立となった。その背景には、消費税をめぐる民主党対自公連合の政局の問題もありそうだ。そもそも、日銀審議委員人事を政争の具とすること自体、問題である。だがそれだけではなく、日銀がカネをバラまけば、日本の景気がよくなるかのように信じる国会議員が増えており、河野氏が、それに否定的であることが喧伝された面もある。自民党が日銀法改正案を協議するともいう。

しかし、一般消費者のインフレ期待は、日銀の物価目標よりも、製品価格に広く影響する原油価格の値上がりに反応するだろう。

また、日本のデフレの原因の多くは耐久消費財の価格下落に起因し、このところ影響が大きいのは薄型テレビである。こうした商品の価格下落は、供給過剰と韓国製品などとの競合によるもので、経営戦略の失敗というミクロの問題だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT