ファッションの流行は強い選手の影響大!

漫画家/弘兼憲史

 前回は、ポロシャツをズボンにインする規定の見直しを提案しましたが、今回はゴルフファッションの“流行”について考えてみましょう。

ジャンボ尾崎選手が絶好調だったとき、Jumboマークがついたウエアを着た人たちを至る所で見掛けました。最近では、そのジャンボさんにあこがれている池田勇太選手のトレードマークでダボダボズボンの「3タックパンツ」が発売されましたよね。ゴルフファッションの流行は、みんなその時代に注目されている強いプロ選手のまねをする、という流れが確実にあると思います。
 中でも「帽子」の流行変遷はいちばん時代を反映しているのではないでしょうか。まずジャック・ニクラウスが強い時代には、今ではほとんど見ない、ツバのあるいわゆる「ハット」が一世を風靡しました。フレッド・カプルスのときは「サンバイザー」、タイガー・ウッズが強いと、猫も杓子も「キャップ」といった具合です。今の主流となっているキャップは、昔は被っている人なんて一人もいなかったけど、ウッズの出現以来、本当にみんながかぶるようになりました。ゴルフをしないオヤジもナイキのキャップを愛用するほどですからね。最近では、石川遼選手の四角い帽子「ワークキャップ」が脚光を浴びました。その名のとおり、労働者が作業の際にかぶる帽子を元にしたものですが、これは若者たちのストリートファッションとしてもはやっていたようです。
 ちなみに僕は、風通しのいいサンバイザーがいちばん好きなのですが、誰もかぶってないし目立って恥ずかしいのでキャップ派です。

日本のプロ選手は、昔はほとんど帽子などかぶっていなかったですよね。ジャンボさんも、中島常幸さんも、杉原輝雄さんも。かぶっても夏とか日差しの強い時にサンバイザーくらいでした。そんな時代は、アマチュアも帽子をかぶらずプレーしていたものです。ただやはり、本当はツバのついた帽子、できればハットをかぶるのがいちばんいいような気がします。というのは、日焼けうんぬんより危険防止のため。「ファー」と聞こえてきたとき、いくら注意してもボールはどこから飛んでくるかわかりません。ボトンと目の前に落ちてくることもよくあります。頭や顔面を直撃するよりは、ケガが軽減するだろうなと思いますね。

あとポロシャツの襟を立てる行為ですが、日本では女子の樋口久子選手あたりがやり始めたのではないでしょうか。最初は首筋の日焼けを防ぐためだったと思いますが、あのときは、街なかでも襟を立てるのがえらくはやりました。今でも団塊のオヤジたちは、しっかり立ててますけどね(笑)。ファッションというのは不思議なもので、得てして自分が若い頃にハマったものがなかなか捨てきれない。僕もどうしても普段はアイビールックが主流になるし、50代半ばのオバチャンたちはハマトラにいまだ依存しております(笑)。

漫画家/弘兼憲史(ひろかね・けんし)
山口県出身。早稲田大学法学部卒。松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、1974年に漫画家としてデビュー。現在、『島耕作』シリーズ(講談社)、『黄昏流星群』(小学館)を連載するほか、ラジオのパーソナリティとしても活躍中。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT