時間切れのマック改革、誰が再建を担うのか

元幹部の出戻りが、さまざまな憶測を呼ぶ

ただし、今のところ実績といえるのは、ハンバーガーに追加料金でトマトをトッピングできるサービスを導入し、地域限定のソフトクリームの販売を開始した程度。下平副社長は「FCオーナーの意見を取り入れた施策だ」と胸を張るが、業績の改善効果があったようには見えない。

カサノバ社長の打つ施策は迷走し、下平副社長も期待外れ。本来にらみを利かせるはずの米国本社も、業績の低迷でトップが交代するなど自国の立て直しに必死だ。

複数の関係者の話を総合すると、現在社内はプロパー中心の下平派、中途人材で固められたカサノバ派、そして米国派に分かれており、「業務の決断が遅れがち」(現役社員)になっているようだ。

残る選択肢は資本政策か

マクドナルドの経営動向に詳しい法政大学の小川孔輔教授は、「トップを代えても、効果はない。もはや資本構成や株主を変えて、抜本的な立て直しをするしか、再生の道はない」と手厳しい。

カサノバはすでに”死に体だ”と元社員はいう

小川教授が例示するのが台湾のケースだ。現地の報道によれば、米マクドナルド本社は、6月に台湾事業を売却する方針を示した。

それまで直営店軸に400店以上を運営していたが、今後は買い手を募り、FCとして経営主体を転換する計画だ。

米本社は日本法人に49.9%を出資しており、生殺与奪の権を握る。ただ、日本法人の店舗数は約3000店と、台湾より一ケタ多い。

異物混入や巨額赤字の影響も見られず、時価総額は約3500億円前後を維持したまま。米国本社が完全子会社化するにせよ、全株売却して単なるエリアFCにするにせよ、株価がネックとなる。

先行きが見えない中、幹部の出戻りは資本政策の変更につながるのか。カサノバ社長に時間は残されていない。

(撮影:尾形文繁)

「週刊東洋経済」2015年10月31日号<26日発売>「核心リポート04」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT