時間切れのマック改革、誰が再建を担うのか

元幹部の出戻りが、さまざまな憶測を呼ぶ

「改革の方向性は間違っていない」「お客様は戻ってきている」と断言するカサノバ社長

10月中旬に社内で公表された、マーケティング専門のある幹部の出戻りがひそかな話題となっている。「いったい何を狙った復帰なのか」。日本マクドナルドの現役社員は首をかしげる。

米国MBA(経営学修士)を持つこの幹部は英語に堪能。かつて前社長の原田泳幸氏とともに、アップル日本法人でマーケティングを担当した経験を持つ。その後、原田氏を追うようにマクドナルドへ移り、マーケティングや広報を担当していた。

2013年前半にその幹部はファミレス大手のすかいらーくへと転職。だが、それから約2年半後の今年10月、マクドナルドの広報部門に電撃的に戻ったのである。

元幹部の出戻りが、憶測を呼んだ理由

出戻りが話題となったのは、すかいらーくで、筆頭株主の投資ファンドによる経営改革や2014年秋の再上場にかかわった経験があるからだ。

2013年8月、サラ・カサノバ氏がマクドナルド社長に就任して以来、2年余りが過ぎた。これまで、レジ前カウンターに置かれたメニュー表の復活や24時間営業店舗の削減など、原田前社長時代とは正反対の施策を打ってきた。

特に今年4月中旬に発表した経営再建計画には、新商品の投入や店舗改装、FC(フランチャイズ)に対する財務施策に加え、地区本部制の復活や本社人員を対象とした早期退職など、さまざまな施策を盛り込んでいる。

次ページカサノバ体制になってから、一度も客数は増えていない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT