笑うはトヨタばかり!? エコカー補助金の功罪


自動車の買い替えサイクルは平均8年と長い。そのため各社は、車両購入の過程で顧客とパイプを築き、サービスの販売につなげることで、収益安定化を図ってきた。

だが、「年明け以降は補助金申請を前提に、1~2回来店しただけで購入する客が多い。これではアフターサービスを説明する時間もない」(東京カローラ販売店店長)。ディーラーにとって、補助金は単年度ではプラスでも、「サービス営業を十分できていない客の割合が増えると、将来、収益力が低下する可能性もある」(インタープライズ・コンサルティングの田下親男・自動車事業部長)。

「ただでさえ、新車種効果で売れる時期に、なぜ補助金を復活したのか」(前出店長)。業界を潤すはずの補助金に、販売現場からはこうした疑念も上がり始めている。

新車販売は1990年をピークに右肩下がりが続く。カンフル剤にすぎない補助金が、販売店による安定収益源の育成を阻めば、弊害とのそしりを免れない。

トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(又吉龍吾 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング