観測技術の向上で宇宙論も精密科学入り--『ざっくりわかる宇宙論』を書いた竹内 薫氏(サイエンス作家)に聞く

──今や超ひも理論で宇宙を理解しようともしています。

素粒子を作っている「超ひも」を、宇宙を作っているいちばん小さいパーツと考える仮説だ。超ひも理論でいろいろな予言が可能になる。「事実は小説より奇なり」というが、「物理学はフィクションより奇なり」と言い換えたい。SF作家の創造力を超えたところまで現代物理学は行っている。

(聞き手・本誌:塚田紀史 撮影:吉澤菜穂/アフロ =週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

たけうち・かおる
1960年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業(科学史・科学哲学専攻)、同大学理学部物理学科卒業。加マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学理論専攻)。科学読み物、小説、エッセー、翻訳などで幅広く執筆。NHKテレビ番組「サイエンスZERO」にレギュラー出演。

『ざっくりわかる宇宙論』 ちくま新書 756円 189ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT