第一三共、米子会社で1000~1200人削減へ

今期業績への影響は不明

 10月19日、第一三共は、米国子会社(ニュージャージー州)の営業体制を変革し、1000─1200名の人員削減を実施すると発表した。2009年7月撮影(2015年 ロイター)

[東京 19日 ロイター] - 第一三共<4568.T>は19日、米国子会社(ニュージャージー州)の営業体制を変革し、1000─1200名の人員削減を実施すると発表した。

2016年3月期業績への影響は現時点では不明。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。