豪華!知られざるプロゴルフ優勝副賞の実態

車にボート、複合機、まぐろ解体ショーまで

筆者は先日、50歳以上のシニアプロの公式戦、日本プロシニア選手権に取材に行ってきた。大会前に会場に行くなり、選手たちが「マグロ、欲しいよなあ」と言っているのを耳にした。何のことかと思ったら、優勝副賞は「本マグロ解体ショーとにぎりサービス」。なかなかユニークだ。

優勝副賞はほとんどの場合、「車」がついていた。今でこそ、電車で行って、クラブバスに乗って、というゴルフ場は多いが、かつてはゴルフに行くには車というのが定番だった。だからではないだろうが、やはり豪華さという意味で「車」が魅力的だったのだろう。古い資料はないのだが、1962年の中日クラウンズで優勝した石井朝夫が「トヨタのパブリカをもらってうらやましがられた」と聞いたことがある。

車が減少する一方、ユニークな副賞が増加

今年のこれまでの男女トーナメントの優勝副賞を調べてみたら、意外と車が少なくなっていた。副賞は主催者とは違う企業から出してもらうことも多いので、やはり現在の経済状況が影響しているのかもしれない。といっても、まだ半分以上の大会では車がついている。男子では日本車が主流だが、ベンツなど高級車もある。女子は活況なのが幸いしてか、車の価格のレベルも高い。ベンツが主流で、ポルシェが贈られた大会もあった。こうなると、2位の賞金より高いこともあるかもしれない。副賞の車は自分で使うケースもあるが、何台も持っていてもしょうがないので、換金したり、家族や友人に贈ったりしているケースが多いようだ。

ミニショベルカーをもらって、被災地に寄贈することにしたのが、シニアツアーの崎山武志。コマツオープンの優勝副賞にもらったが、9月の関東・東北豪雨の被災地の中でも被害が大きかった栃木県在住。災害から1週間後の優勝だったこともあり、地元への恩返しを申し出た。こうした副賞の使い道もある。

主催者の色が出るものも多い。ヤマハレディスの優勝副章は、グランドピアノとフィッシングボート。この大会では、女子プロがいつも以上に目の色を変えているようにみえた。日清カップヌードル杯と冠がついた日本プロ選手権では、カップヌードル10年分。食べ応えがありそうだ。コニカミノルタ杯と冠がついた日本女子プロ選手権では……そう、ご想像の通り、カラー複合機が副賞の1つだった。

リゾートトラストレディスの会員制リゾートクラブ10年間利用券は、ほかの選手もうらやましがった。優勝副賞ではないが、TポイントレディスではベストスコアにTポイント30万ポイントというのがあった。これも人気だったという。現金30万円よりうれしいというのも世相だろうか。

次ページ開催地ならではの副賞も盛りだくさん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT